綿パンをオーダーで仕立てる

<裁断前に水にドブ漬け>
画像

今年は数多くご注文を頂いている、綿パンですが、ジャケパンスタイルには持ってこいの生地ですから当然と言えます。さて、そんな綿の生地ですが、当店ではご注文頂きますと必ず、画像の様に洗濯機に水を張りしばらく、漬け込みます。綿や麻は伸縮が多い生地ですので、必要な作業です。


<陰干し>
画像


画像

当店は屋上に物干しスペースがありますので、水をしっかりと含ませ、そのままの状態で陰干しします。最近は気温も高いのでこの状態で干しても5時間位で綺麗に乾きます。


<乾燥後アイロンで仕上げ>
画像

乾燥後、いつもの様にアイロンで綺麗に仕上げます。丁度、同じ生地がもう一点有りましたので、重ねて置いてみました。上が地のし前、下が地のし後です。下の生地の方が幅が少し縮んでいることがわかります。裁断前の下準備をキッチリと行わないと、縫製完了後、履き心地が悪い等の不具合が出ます。


<片側で約1センチの縮み>
画像

片側で1センチですから、生地幅では全体では2センチの変化が出ます。お店によってはこの様な裁断前の作業を行わずに、製作にかかるところもあります。ひと手間かけることで、狂いのない洋服を作る、オーダー専門店では当然の作業です。
裁断前の地のしですが生地の質に合わせた作業が必要です。我々が大切にしている先代から受け継いでいる基本的な製作姿勢の一つです。それらの作業の上で、今の時代にあった、デザインと着心地を考えて、洋服を作る。これからも精進致します。

この記事へのコメント