モーニング裁断風景

<型入れ>
画像

先日、型紙の作製作業をアップいたしましたが、その後の裁断も撮影してました。生地の要尺を確認しながら、パーツを嵌め込んでいきます。もちろん付属部分の生地や縫い代も考えて作業しなければなりません。


<マーキング>
画像

テーラー専用のチャコで生地に型をマークしてきます。できるだけロスが出ないようにパーツを入れます。もちろん仮縫着用時の補正が出ても動かせる様にしております。画像の場合は無地ですが、チェック柄の場合は柄合わせがありますので、もう少し複雑になります。
この後、生地にハサミを入れます。
本日も、実際の作業風景を見ていただきました。実際に店頭にいるテーラーがお客様を採寸して型紙を作り、裁断する。お客様に実際に見て頂ける機会は少ないと思いますので、アップさせて頂きました。従来からのテーラーさんでは当たり前の作業ですが、最近では型紙を作ったり、裁断したりと言う作業をなさらない洋服屋さんもあるみたいです。当店では当然の事ながら、この技術を代々継承しておりますので安心してご注文下さいませ。


この記事へのコメント